« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

カート・コバーン

カート・コバーン
ニルヴァーナが大好きです。

轟音ギターの中で叫ぶカートが好きです。

僕がガキの頃、カートと同じ27歳できっと死ぬと思ってました。

だけど、世界の仕組みを知って、いつのまにか大嫌いだったオトナになって、普通に経済の歯車になった。

もう僕は唄えない。

ココロを失ってしまった。

実は2年くらい悩んでました。

カートと同じこと考えてる自分に笑える。


こないだ雨上がりの虹見つけた。

写真撮ったら写った写った!

まだこういうのきれいだなーって思えてる自分がいます。

このココロが残ってるうちやれることやらなくちゃ。

7月6日の弾き語りと7月13日の最後のライブで歌を唄わなきゃ。

| | トラックバック (0)

報告

報告
7月13日のヘブンズロック熊谷でのライブを最後にブラウンチューブは活動休止します。

突然の報告ですいません。

理由はいろいろです。
詳しくは言えないですが、何かを続けるという事は、何かいろんな事があるということ。

バンド始めて10年以上。

情熱を燃やし続けてきたということは自負できます。

僕は音楽も好きだけど、バンド活動が一番好きです。

7月13日の最後のライブはドラムとして、初代ドラマーの池森なんが叩きます。

みなさんぜひ観に来て下さい。

これは最後なんで、本音で書きます。僕の最後の歌を聞いて下さい。

歌は歌うんじゃなくて唄うんです。

唄うことはきっとこれが最後です。

楽しみです。

| | トラックバック (0)

情熱

情熱
何かにやるなら、それにできる限りの情熱を注ぎ込む。

僕にとって音楽がそうだ。

先日ライブ来て下さったみなさんありがとう。

一音一音の音の重さは、そこまでの過程が産む。

それはバンドアレンジをスタジオでいじくって産まれるものじゃない。

バンドの活動とはそういうもの。

情熱のない人生なんて、くそみたいにくだらない人生だ。

| | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »